春に気を付ける事は?

この時期は花粉症のピークになります。春は動き始め、「立春」くらいから花粉症の症状が出始める方が多いのですが、この虫も動き出す啓蟄の時期にピークになります。じつは花粉症を治すためには冬の養生が重要なのです。冬は滋養強壮の食事を心がけ、ゆっくり寝て体力を温存します。これでまず免疫力をアップさせます。そして春になったら、酸味の食べ物や肝臓強化のシジミや椎茸などを食べたりして、便秘しないようにデトックスします。

 自律神経が弱っている方は、情緒不安定からうつ病になりやすい時期です。うつ病予防には、呼吸法が非常に効果があります。特に朝の太陽を見ながらの深呼吸が、春の季節には最も効果的です。

朝は早めに起きて、散歩などにより体を動かして、リラックスするように心がけ、できるだけストレスを発散させるようにするとよいでしょう。まだまだ寒い日が続きますので、体を冷やさないように気を付けてください。肝の働きを整える酸味の食品と共に、甘味の食品を多めに摂られるとよいでしょう。ここでいう甘味とは、お砂糖の甘味ではなく、にんじんなどの甘さのことです。たまねぎ、春菊、セロリ、ニラなど香味野菜もお奨めです。

朝日を見るのも自然療法

少し早起きして、朝日を見てください。

体に良いし、綺麗ですよ。

ビワの葉サロン予約可能日

予約可能日をご案内しますニコニコ
  
3月15日(水)11時45分~ハンドマッサージ講座
    17日(金)15時~ビワ温灸
    23日(木)15時~ビワ温灸
    28日(火)12時~びわの葉1日講習会
    31日(金)15時~ビワ温灸

 

4月 2日㈰びわの葉1日講習会

   6日㈭15時~ビワ温灸

   9日㈰ビワの葉指導員講習会

  13日㈭15時~ビワ温灸

  20日㈭15時~ビワ温灸

   
 
  他のお日にちは満席になりました。

癌が消えた報告

 

奈良びわの葉会 代表 澤