びわの葉こんにゃく温灸

二日灸と言ってお灸の効果倍増の日が旧暦2月2日、今で言うと2月27日です。


こんにゃくお灸ってご存知ですか?


びわの葉と、こんにゃくを使ってお灸みたいにすることもできます。

緑が濃い生のびわの葉数枚


自然食品の、こんにゃくを用意します。


こんにゃくは、ガス火で鍋で10分茹でる

熱いので、タオル2~3枚に調節して包みます。


びわの葉のつるつるした面を体に当て、その上にタオルに包んだこんにゃくを置きます。


30分くらいそのままにします。

老人、子供は15分くらい。


カイロとの違いは?

使い捨てカイロは、皮膚の表面しかあたたまりません。


こんにゃくや、ビワ温灸は体の中まで温めます。

電子レンジはダメ?

電子レンジで温めたものは、不自然なので冷え性改善には、なりません。自然療法では、常識です。ガス火がベストです。

こんにゃくが毒素を吸い出す?

昔から、こんにゃくは毒素を出すと言われています。


なので、こんにゃくお灸をした後のこんにゃくは食べません。毒素を吸っていますから。


家族でも、こんにゃくを別にしましょう。


使用したこんにゃくは、容器に水を入れて冷蔵庫で保管できます。どれくらい保管するかは、自己判断でお願いいたします。

どこにするの?

腰痛なら、腰にします。


咳や喘息なら、気管支にあたりに。


慢性の病気なら、肝臓や腎臓に。


体力が弱っている方は、短時間にしましょう。

自然療法を日常生活に取り入れて、元気に過ごしましょう。


びわの葉療法が1日で学べます


奈良びわの葉会  

びわの葉療法士  澤