寒いと腰が痛い?

体を冷やすものばかりを知らず知らずのうちに食べたり飲んだりすると、腎臓の機能を弱らせてしまいます。

 

なんだか腰が痛い?


食べ物や飲み物で中から温めたり、カイロや服装で外から温めて体が冷えないように十分注意しましょう。

一般的に夏が旬になるものは体を冷やし、冬が旬になるものは温めると言われています。
身近にあるもので言うならば、白砂糖(黒砂糖は体を温める)の入ったジュースやスイーツ、アルコール類、バナナ、柿、牛乳、緑茶や生野菜などが挙げられます。

 

特に野菜で言うならトマトやレタスといったものは体を冷やします。

タンパク質や塩分、カリウム、リンなどの過剰摂取は腎臓に負担をかけます。
腎臓が弱っている場合は、これらの成分を摂取しすぎないように心がけていきましょう。

 

 肉類も良質なタンパク質が多い鶏肉を選んで食べましょう。
また、山芋などネバネバした食べ物も腎臓に良い食べ物とされています。

腎臓の血流アップに!

腎臓は豆のような形をしており、下の部分が肋骨からはみ出た状態で体に収まっています。
そのため、両脇をしめた状態で体を左右にひねることで、腎臓は変形するのです。

 

このように腎臓を変形させることで、腎臓内で滞留している血流が良くなるため、腎臓の血流を促進させ、同時に腎臓を鍛えることにも繋がります。

 

肝臓の運動にもなるため、毎日数十回行うことで腎臓と肝臓両方を鍛えていくことが出来るしょう。

髪をつかさどっている「腎」の経路の流れをよくするツボです。抜け毛や白髪予防に期待できます。