お彼岸時期の過ごし方

9月22日はお彼岸ですね。

 

私は宝山寺駅前イベントに出店します!

イベントページはコチラ

お彼岸を過ぎると暦が陽から陰に移るため、気の流れも外向きから内向きに変わります。


暑い夏の時期には毛穴が開き、発汗して老廃物や水分が活発に代謝されていたのが、秋になると汗腺が引き締まり汗も出にくくなるので、体に熱がこもり色々な体調不良が起こります。
気持ちの上でも秋は感傷的になり、夏の開放的な気分から一転し何となく物悲しくなって来ます。


東洋医学の五行説によると秋は「肺」の臓器と関係が深く、この時期に体を冷したり酷使すると呼吸器系の咽喉や気管支、鼻粘膜、皮毛(皮膚の表面)を傷めてしまいます。また肺と表裏の関係にある大腸にも影響を及ぼし、腸内が乾燥して便が固くなり、コロコロ便秘になります。


このようなトラブルを招かぬように、肌にも内臓にも充分に潤いを与え、保湿を行うよう心がけたいものです。

友だち追加数

宝山寺駅前イベント