乾燥を防ぎましょう。

9月からは乾燥に気を付けましょう。
乾燥は口や鼻から入ってくると考えられています。
口や鼻の乾燥、鼻血、のどの渇き、皮膚の乾燥唇の乾燥、抜け毛、便秘などが起こりやすく
なってきます。

また、秋は五臓の「肺」が活発になります。全身の気の動きの調節や呼吸や水分の代謝をコントロールします

「肺」は潤いを好み、乾燥を嫌います。
乾燥にやられると、働きが弱くなり、呼吸器系のトラブル(空咳、喘息、胸痛など)がおこります。

大切なことは、「夏の疲れ」をとるということです。

 夏の疲れを持ったまま冬に向かうと冬に不調をおこしやすくなります。

 生活で注意することは


早寝、早起きをこころがける



乾燥からのど・鼻・肌を守る

肌、髪もいつもより保湿をこころがけましょう。


激しい運動はしない
 

胃の調子をととのえる
暴飲暴食、刺激物は控えましょう。


水分補給もこころがけて
 温かいものがいいですね。

夏の疲れをとるために、ビワ温灸をためしてみませんか?