この季節の過ごし方は?

 奈良びわの葉会です。

 

6月21日は夏至です。この季節の過ごし方についてご紹介します。

 

この季節は、遅く寝、早起きしたほうが良いです。今年の夏は非常に暑くなりそうです。暑さは気力をなくしやすいです。汗をたくさんかくと、息苦しくなり、喉が渇き、吐き気がして倒れてしまいます。外での作業時は、厳しい日差しを避けましょう。毎日ぬるま湯で入浴し、びわ温灸で血のめぐりを加速し、筋肉・皮膚と組織の栄養を改善し疲労回復、ぐっすり眠ると免疫力を強めることができる。冷房で室内を冷やしすぎないようにしましょう。

 

早朝や夕方のウォーキングもおすすめです。びわ茶は古来から夏バテ防止に飲まれてきました。

江戸時代には、びわ茶を売り歩く商人がいました。

 

夏は、暑いのでイライラしやすくなります。そんな時は苦みがあるもの例えばゴーヤや、酸っぱいものを食事に取り入れましょう。暑いからと言って、アイスクリーム、かき氷、冷たいものを食べすぎると病気になりやすくなります。内臓を痛める事になります。スイカなど旬のものを食べましょう。暑い季節は、あっさりした物を食べるべきで甘いもの脂っこいものを食べすぎると夏風邪をひきやすくなります。