朝日を見るのも自然療法

日の出
日の出

朝日を見るだけで、自然療法になります。

 

最近は夜更かしをして過ごされる方も増えているみたいですね。

 

夜更かしを続けていると、脳内のセロトニンの分泌が弱まり、鬱状態になってしまったり不安症や不眠症を引き起こしてしまいます。

 

朝日には、脳内のセロトニンを増やす効果があります。

精神的に不安定になりやすいという方は、朝起きたときに積極的に朝日を浴びることで、その状態も改善させることができます。

 

朝日は、晴れた日でないと充分な効果を得られないのではと思ってしまいますが、曇りの日でもセロトニンの分泌を促すだけのエネルギーを持っています。

 

 

ベランダに出て朝日を浴びることでも効果を得ることができます。

朝日を浴びることにより、セロトニンを増やせるだけではなく眠気を断ち切ることができますので、心身の健康を考えたときには積極的に朝日に当たってみるとよいでしょう。